茅野市民館にて小池博史ブリッジプロジェクト「壊れた時間のバラタ」上映会開催

国内外で活躍する空間演出家・小池博史さんによる短編映画「壊れた時間のバラタ」の上映会を、7月9日(金)19:00より茅野市民館マルチホールにて開催します。

インド叙事詩マハーバーラタを題材に、世界のパフォーマーと共に制作。壮大な物語からエッセンスを絞り込み、身体表現、アニメーション、音楽などで表現した作品です。小池さんにもリモートでご登場いただき、トークを交えてお届けします。

鑑賞無料。事前にお申込みください。お申込み・お問合せは茅野市民館までどうぞ。

古代インドの聖典であり、世界三大叙事詩の一つ、マハーバーラタ。
神々と人間が入り混じった壮大な物語のエッセンスを絞り込み、身体表現、アニメーション、音楽で表現したイメージの万華鏡的短編映画が、「壊れた時間のバラタ」です。

新型コロナウイルスの影響で昨年2020年の公演が延期となり、今夏上演される舞台「完全版マハーバーラタ」のスピンオフ企画として制作。
出演者には「完全版マハーバーラタ」にも出演するインドネシア、マレーシア、タイ、日本の舞踊家、俳優が集まり、日本チームは国内各地をロケ撮影、海外チームはオンラインでディレクションをして撮影。「映像でしか表現できない」マハーバーラタ作品ができました。

「異」なるものに対して不寛容になりつつある社会に、芸術と古典を通じた寛容の重要性を示し、共生社会の必要性を訴えようと試みた……という作品。
小池博史のトークを交え、お届けします。

茅野市民館と小池博史ブリッジプロジェクトのかかわり

茅野市民館と小池博史ブリッジプロジェクトとのかかわりは、2012年の市民提案事業「1week体験! プロとつくるパフォーマンス~歌い、踊り、演じてみよう!」の創作ワークショップから。
舞台公演「注文の多い料理店」「風の又三郎2016-ODYSSEY OF WIND-」「新・伝統舞踊劇 幻祭前夜2018~マハーバーラタより」のほか、昨年は映像ライブ配信プロジェクト「夢七夜~ビーマとドラウパディの夢」「注文の多い料理店」を上演。

マルチホールは「黒がより深い空間を創りだせる」という評価をいただいており、その特性が際立つ空間演出と多彩な舞踊・芸能による作品群を楽しみにしている地域のみなさんも増えています。

地域のファンがインスタで魅力を紹介

茅野市民館を中心に小池博史ブリッジプロジェクトの舞台や創作ワークショップを楽しんできた地域の“ファン”の皆さんが、インスタグラムでそれぞれが感じる魅力をお届けしています。
これから投稿が増えていきますので、ぜひご覧ください。
https://www.instagram.com/ccc_kikh_fun/

小池博史ブリッジプロジェクト「壊れた時間のバラタ」上映会

開催日
2021年7月9日(金)
時間
19:00開始(18:30開場)
プログラム
・「壊れた時間のバラタ」上映
・小池博史トーク(リモート出演)
・写真映画「バラタ」上映
・「完全版マハーバーラタ」公演紹介
※上映・トーク合わせて約80分の予定です
料金
無料 ※事前にお申込みください
会場
茅野市民館 マルチホール
主催
株式会社サイ
共同主催:茅野市民館指定管理者 株式会社地域文化創造
お申し込み・お問い合わせ
茅野市民館
長野県茅野市塚原一丁目1番1号
TEL 0266-82-8222
FAX 0266-82-8223
受付9:00~20:00(火曜休館)
詳細ページ
http://www.chinoshiminkan.jp/ccc/2021/0709.html

日付の近いイベント

同じエリアのイベント

このエリアの最新ニュース

近くの店舗・スポット

今日の八ヶ岳をガイドする ハチ旅