富士見パノラマリゾートの営業がスタート…120万本のすずらんもそろそろ見ごろに

入笠湿原・入笠すずらん山野草公園などがあり、山野草の宝庫として知られる富士見パノラマリゾート。今年は新型コロナウイルスの影響により、グリーンシーズン営業が延期されていましたが、6月1日から時短で営業がスタートしました。

この時期の富士見パノラマリゾートは、計120万本にもなる日本すずらんとドイツすずらんが見ごろを迎えます。今年は春先にやや冷え込む日があったからか、例年より1週間程度遅い開花となっていましたが、6月上旬にはドイツすずらんが、先週ごろからは日本すずらんも開花が進み始めています。

計120万本の日本すずらんとドイツすずらんが見ごろに

入笠山一帯には日本原産の日本すずらんとヨーロッパ原産のドイツすずらんの2種類のすずらんがあります。日本すずらんは、ゴンドラ山頂駅から10分ほどのところに群生しており、シーズンになると白い花をつけた100万本のすずらんが一面を埋め尽くします。ゴンドラを降りて目の前にある入笠すずらん山野草公園で見られるのは、20万本が植えられているドイツすずらん。6月12日時点で、日本すずらんは8分咲き、ドイツすずらんは満開となっています。

入笠すずらん山野草公園のドイツすずらんの様子(2020年6月12日時点)。

入笠湿原の日本すずらんの様子(2020年6月12日時点)。

この時期はすずらん以外の山野草も見頃を迎えています。入笠湿原にはクリンソウ(赤)、コナシ(白)、レンゲツツジ(橙)、アヤメ(青)、ウマノアシガタ(黄)や、白い五弁の花が咲くズミ(コナシ)の木があります。すずらんといっしょに探してみてはいかがでしょうか。

ちなみに6月1日から21日にかけては、すずらんを見に行く際に利用するゴンドラの往復券を購入した方に山野草の苗をプレゼント中。どんな苗がもらえるかは行ってみてのお楽しみです。

コロナ対策でテイクアウトなども開始

屋外スペースがほとんどの富士見パノラマリゾートですが、営業スタートにあたってコロナ対策を徹底。ゴンドラは人数を制限しての乗車や換気及びアルコール消毒が実施されています。

レストランでもテイクアウトがスタート。定番メニューのカレーライスをはじめ、信州名物のソースカツ丼、スタミナ満点の山賊焼き丼もテイクアウトすることができます。テイクアウトメニューには富士見町特産の赤いルバーブを使ったルバーブゼリーも付きますよ。

長野県の名物、ソースカツ丼。

こちらも長野県ではおなじみの山賊焼きを乗せた丼も。

すずらんが見頃を迎える入笠山一帯は散策にもベストなシーズン。合計120万本にもなるすずらんの群生を見つつ、天空の澄み渡る空気を味わいに出かけてみてはいかがでしょうか。

【富士見パノラマリゾート】
▶URL:https://www.fujimipanorama.com/summer/
▶営業時間・対策などについて:https://www.fujimipanorama.com/summer/8075-2/

SPOT INFORMATION

富士見パノラマリゾート

12月上旬〜4月上旬のウィンターシーズンは、スキー・スノーボードを楽しめる最長滑走距離3,000mのロングゲレンデ、4月下旬〜11月上旬からはグリーンシーズンとなり入笠山へのトレッキングが楽しめます。

花の宝庫『入笠山』は6月の100万本の日本すずらんを始め、秋まで色とりどりの花々が咲き誇ります。また、入笠山山頂からは富士山、八ヶ岳、南・中央・北アルプスまで360度の大展望を楽しむことができます。

春夏秋冬、それぞれに景色とアクティビティを楽しめるスポットです。

住所
〒399-0211
長野県諏訪郡富士見町富士見6666-703
電話番号
0266-62-5666
料金例
●ゴンドラ料金
往復券 大人1,650円 子供800円
片道券 大人1,050円 子供500円

●ペット利用料
片道/往復共 一頭500円
駐車場
あり
詳細ページ
http://www.fujimipanorama.com/

同じエリアのイベント

このエリアの最新ニュース

今日の八ヶ岳をガイドする ハチ旅