食品などを量り売りで…築100年以上の蔵を改装したバルクショップ・仲沢商店、韮崎市に

「バルクショップ」ってご存知でしょうか? パッケージングせず、量り売りでいろんなものを販売するお店のことです。

お客さんはエコバッグや容器、紙袋などを持参し、購入したものを入れて持ち帰ります。プラスチックなどのゴミを減らすことができるお店の形として海外で注目を集め、日本でも徐々に広がっています。

そんなバルクショップが、先日山梨県韮崎市にも誕生しました。11月28日にオープンを迎えた仲沢商店さんです。

築100年以上の蔵を改装して誕生

もともと東日本大震災を機に、ゴミを減らせる布ナプキンの製作・販売を行うようになっていた仲沢果奈さんが、バルクショップという形を知り、オープンさせたのが仲沢商店。

ゴミを減らすのはもちろん、安心安全でおいしい野菜や食品、環境や人に優しい生活雑貨を対話しながら販売できるコミュニティの起点となるようなお店として誕生しました。

店舗にしているのは、店主の仲沢果奈さんの夫の実家に受け継がれてきた築100年を超える蔵です。クラウドファンディングでリノベーション費用を募ったのですが、反響は大きく、最終的に目標の50万円の倍以上の金額が集まりました。

地元で育てられた雑穀や豆など、安心でおいしいフードが

お店では地元地域の農家さんが育てた雑穀や豆、グラノーラ、ハーブティなど、安心でおいしいフードが集まっています。

不定期入荷で売り切れ御免のものも。容器やマイバッグなどを持ってお店に行ってそのときそのとき並んでいるものを見るのも楽しいですよ。

SNSなどでも営業予定を確認できるので、そちらをチェックして足を運んでみてはいかがでしょう。

[仲沢商店]
▶住所:韮崎市藤井町駒井字宮ノ前2667-1
▶定休日:不定休
▶Facebook:https://www.facebook.com/%E4%BB%B2%E6%B2%A2%E5%95%86%E5%BA%97-105456401074841/
▶Instagram:https://www.instagram.com/nakazawa_shouten/

日付の近いイベント

同じエリアのイベント

このエリアの最新ニュース

今週のイベント

< >

今日の八ヶ岳をガイドする ハチ旅