【八ヶ岳百景 特別編】日本三大桜や本州最後の桜など八ヶ岳の桜スポットを写真で紹介

3月に入り、春の足音を感じる日も多くなってきました。八ヶ岳エリアもこれから桜の季節を迎えます。

聖光寺の桜(2019年5月2日撮影)。

まだまだ新型コロナウイルスが収束とはいえない状況であり、今年も桜関連イベントなどはどうなるかわからない状況ではありますが、そんななかでも春はやってきます。今回は八ヶ岳の桜の名所を過去の写真で紹介します。

1か月以上続く八ヶ岳の桜シーズン

八ヶ岳エリアは南北に長く、地域ごとに標高差も大きいため、スポットによって桜の開花時期にかなり違いがあります。

早いところだと3月末から4月上旬ごろに開花、見ごろ迎える一方、遅いところだと5月のゴールデンウィークごろに見ごろとなる場所も。実に1か月以上にわたって、いろんな桜を楽しむことができるんです。

2月から暖かい日も多かった今年は、全国的に例年より1週間前後早く桜の開花を迎える予測が出ています。八ヶ岳エリアの桜も少し早めの開花になりそうですね。

日本三大桜のひとつ、山高神代桜

八ヶ岳エリアに桜の季節を告げるのが山梨県北杜市の武川町にある実相寺の山高神代桜です。早ければ3月下旬ごろに開花し、4月初旬から上旬ごろに見ごろを迎えます。

山高神代桜(2017年撮影)。

樹齢1,800年とも2,000年ともいわれ、日本最古にして最大級の桜として大正時代には国の天然記念物に指定されています。福島県の三春滝桜、岐阜県の根尾谷薄墨桜と並んで日本三大桜に数えられており、八ヶ岳はもちろん、日本を代表する桜のひとつといえます。

ちなみに例年だと見ごろの時期には屋台などが出る神代桜まつりが開催されますが、昨年2020年は中止となりました。

住所:山梨県北杜市武川町山高2763(実相寺)
例年の見ごろ:4月上旬

八ヶ岳を背に咲く一本桜・わに塚のサクラ

同じく4月上旬に見ごろを迎えるのが山梨県韮崎市のわに塚のサクラ。八ヶ岳をバックに咲く一本桜で、その姿を撮りに来る人も多いです。

例年だと夜のライトアップも行っており、ハチ旅でも夜桜を撮りに行ったりしました。

わに塚のサクラ(2019年4月3日撮影)。

住所:山梨県韮崎市神山町北宮地624
例年の見ごろ:4月上旬〜中旬

夜桜散歩も楽しい横河川の桜アーチ

4月中旬に入ると山梨県だけでなく、長野県側にも桜前線がやってきます。諏訪湖周辺は例年4月中旬に各地で桜が見ごろを迎えます。

岡谷市の横河川の桜並木も4月中旬に見ごろを迎えるスポット。河口から約4kmにわたって続く桜のアーチは、春の陽気を楽しみながらお散歩するのにぴったりです。例年だと見ごろの時期は横河川桜まつりが開催され、ライトアップもされています。

横河川の桜(2019年撮影)。

2019年撮影の夜桜。

ちなみに横河川のすぐ横にはロマネットという温泉施設も。地元スタッフも湯上がりに桜を眺めながら歩いて楽しんだりしました。

住所:長野県岡谷市
例年の見ごろ:4月中旬

桜に彩られるお城、高島城

諏訪湖周辺では高島城も桜名所のひとつ。復興天守とお堀を彩るように咲く桜は、撮影に訪れる人も多いです。

高島城(2019年4月撮影)。ここも例年だと桜の時期にライトアップをしています。

ここは公園になっているので、園内でレジャーシートを敷いてお花見を楽しむ人も。ちなみにソメイヨシノをはじめ、園内にはいろんな種類の桜が植えられていますよ。

住所:長野県諏訪市高島1-20-1
例年の見ごろ:4月中旬

古木しだれ桜が趣深い高森観音堂

しだれ桜の名所が多いのが長野県の富士見町。なかでも樹齢250年ほどといわれる高森観音堂のしだれ桜は人気スポットのひとつです。

高森観音堂のしだれ桜(2019年4月18日撮影)。

茅葺き屋根の御堂の前に咲くこのしだれ桜も思わず撮りたくなる景色です。信濃境駅から徒歩5分ほどなので、駅から歩くのが便利です。

住所:長野県諏訪郡富士見町
例年の見ごろ:4月中旬

高原に春を告げる深叢寺の桜

4月も下旬にさしかかるころには高原にも桜前線がやってきます。長野県の原村では、深叢寺の桜が4月中旬から下旬にかけて見ごろを迎えます。

原村・深叢寺の桜(2019年4月24日撮影)。

風情たっぷりの景色です(2019年4月24日撮影)。

鐘楼門をバックに咲くコヒガンザクラを撮ろうとスマホやカメラを構える人も多いですよ。

住所:長野県諏訪郡原村中新田13512
例年の見ごろ:4月中旬〜下旬

「本州で最後に咲く」蓼科・聖光寺の桜

そして、「本州で一番最後に咲く桜」ともいわれるのが蓼科高原にある聖光寺。標高1,200mエリアにあり、例年の見ごろはなんと5月上旬、ゴールデンウィークごろです。

蓼科山聖光寺(2019年5月2日撮影)。

鐘撞き堂のまわりなど、境内全体が華やかな景色になります(2019年5月2日撮影)。

山梨県側や諏訪湖周辺など、周囲ではすっかり桜が散ったころに満開の桜を見ることができるので、最後のお花見に足を運んだりしていました。

住所:長野県茅野市北山蓼科4035
例年の見ごろ:5月上旬

2021年の桜もお楽しみに

個性も豊かな八ヶ岳の桜スポット。桜前線が届くころにはハチ旅でもまた写真などをお届けします。

SPOT INFORMATION

わに塚のサクラ

小高く盛り上がった丘の上に咲く一本桜で、山梨県韮崎市の定番桜スポット。
推定樹齢約330年、幹周り3.6m、樹高17mのエドヒガンザクラです。

北に八ヶ岳、西に南アルプス、東に富士山を望む絶好の位置にあり、残雪の山々と満開の桜の対比は絶景です。

昼はもちろんですが、桜の時期は夜もライトアップされます。また、星空とのコラボレーションも。ある程度月明かりがあって、桜が浮かび上がり、空気の透明度の高い夜が撮影のチャンスです。

住所
山梨県韮崎市神山町北宮地624
例年の見ごろ
4月上旬〜中旬
駐車場
桜の季節は約100台の臨時駐車場あり
問い合わせ
韮崎市観光協会(TEL=0551-22-1991

日付の近いイベント

同じエリアのイベント

このエリアの最新ニュース

今週のイベント

< >

今日の八ヶ岳をガイドする ハチ旅