【ハチ旅お料理部】夏の名物「八ヶ岳生とうもろこし」を“そのまま”以外で試してみよう!

【ハチ旅お料理部って?】
つくるのも食べるのも好きなハチ旅のスタッフが集まって、八ヶ岳食材の食べ方を手探りで考える社内部活動。姉妹サイトで、八ヶ岳の名品を扱う通販の「ハチカッテ」などと連動しながらいろんな食べ方を試します。

夏は八ヶ岳エリアが高原野菜などいろんな食べ物で賑わう季節。直売所などを見ているだけでも楽しい、おいしいものがたくさんある時期です。

そんななかでも夏の名物として人気なのが「八ヶ岳生とうもろこし」です。フルーツのように糖度が高くジューシーで、生で食べてもおいしいとうもろこしとして人気になっています。

今回は今年も7月下旬から収穫がはじまったこの八ヶ岳生とうもろこしがお題。そのまま食べてももちろんおいしいですが、別のアレンジだとどうなるかを試してみました。

まずはプロのアレンジから……ピザ

まず試したのはピザ。

ハチ旅のオフィスもある長野県原村のデリ&カフェ「K」では、夏のメニューとして「八ヶ岳生とうもろこしの白いピザ」を販売しているということで、“プロのお手本”としてこちらをテイクアウトしてみました。真っ白なパルミジャーノチーズに黄色いコーンという見た目もさわやかな一品です。

プロの味をテイクアウトで!

お味の方はというと……さすがプロのアレンジ! おいしい!

デリ&カフェ「K」の夏メニューのひとつ「八ヶ岳生とうもろこしの白いピザ」。

コーンの乗ったピザは定番メニューのひとつですが、抜群に甘い八ヶ岳生とうもろこしを使ったピザは、チーズの塩気とコーンの甘さのコントラストがより鮮明になっています。もともと果汁の多い八ヶ岳生とうもろこしだからこそなのか、予想以上にさっぱりしていてすいすい進んでしまう味です。

八ヶ岳生とうもろこしがたっぷり。

ピザ生地やオーブンなどちょっとおうちでつくるのは気持ちのハードルが高いピザですが、好きな具材を乗せて焼くという工程からみんなで楽しめるのは魅力。食べに行くのはもちろん、お休みの日に家族でいっしょに楽しむメニューとしてもよさそうです。

[お料理部の感想]
・デザートピザっぽさと食事っぽさの中間のような絶妙な味!
・ブルーチーズのようなさらに塩気の強いチーズと合わてもよさそう
・チーズの塩気があるからハチミツなんかをかけるのもよさそう

甘さを活かしたデザートメニュー……アイスクリーム

甘さを活かしたメニューとしてスタッフ・及川がチャレンジしたのはアイスクリーム。おうちでつくるのは難しそうなイメージですが、テレビで知った混ぜて冷凍庫に入れるレシピをベースにアレンジしてみました。

材料は
・生クリーム 200cc
・砂糖 30g
・卵黄 1個
・八ヶ岳生とうもろこし 1本分
生クリームと砂糖を混ぜて泡立てたあと、卵黄とミキサーにかけた八ヶ岳生とうもろこしを混ぜて冷凍庫で冷やせば完成です。

改良を加えて完成したアイスクリーム。

とうもろこしのアイスクリームの場合、通常は加熱したものを使いますが、生でもおいしい八ヶ岳生とうもろこしの特徴を活かして、今回は加熱せずにミキサーに。舌触りをよくするために裏ごしして混ぜています。

実は試食前に1回試して思ったようにいかず、レシピに手を加えてつくったというこのアイス。実食してみると、こちらもいい感じ!

スッと香るとうもろこしの風味がさわやかです。

やっぱり食べるときが楽しい! ということで、試食はどんどん進みます。

こちらも工程はそれなりにあるものの、作業自体は難しくないので、子どもなどといっしょにつくって楽しむのによさそう。

[お料理部の感想]
・粒々感を楽しみたい人は裏ごしなしにしてもいいかも。裏ごし、大変だし(笑)。
・よりとうもろこしの甘みを出したいなら加熱して使うといいと思う!
・塩をひとつまみ入れたりすると甘さが引き立ちそう

手軽に贅沢に……スムージー

さらに手軽なアレンジはないかとスタッフのコバヤシが試したのがスムージー。牛乳ととうもろこしをミキサーにかけるだけなので、つくり方はとにかく簡単です。

とうもろこしの場合、ハチミツやバナナなど甘みを要素を足したレシピが多いですが、八ヶ岳生とうもろこしの場合は甘みが強いので「これだけでも十分なのでは?」ということでシンプルに牛乳ととうもろこしだけで試してみました。

とにかくシンプルで手軽なものを考えてスムージーに。

分量も手探り&目分量。生とうもろこし1本分に対して牛乳250ccほどで試してみました。

八ヶ岳生とうもろこしでつくる前に市販のとうもろこしでも試したのですが、そのときはポタージュのようなしっかりしたテイストに。「裏ごししたり牛乳の分量を増やしてもいいのかな」とか、「甘みは足してもいいな」という印象でした。

八ヶ岳生とうもろこしではどうなるかと試したところ、もともとジューシーなことも手伝ってか、口当たりが一般的なとうもろこしよりスッキリした印象に! 生で使うことでフレッシュな風味もあり、朝などにさっと1杯飲むのにも合いそうな味わいでした。

[お料理部の感想]
・皮の食感も少なめだけど、気になる人は裏ごししてもいいかも。
・生で使うとスッキリ感が強くて好み。もっと甘みがほしい人は加熱したりハチミツを混ぜるアレンジにしてもよさそう。

甘さはもちろんジューシーさがポイントかも

アレンジで使ってみて感じるのは、八ヶ岳生とうもろこしのさわやかさ。とうもろこしは主食にもなる食材なので、ずっしりとした食べ応えになることも多いですし、実際お腹にもたまります。

「甘みの強い八ヶ岳生とうもろこしだとより重い口当たりになるのかな?」と思っていたのですが、使ってみると意外に一般的なとうもろこしよりもスッキリしたテイストに仕上がる印象です。おそらく加熱せずに使った料理が多いのも理由のひとつですが、もともと果汁が多くフルーツのような味わいなのも口当たりのさわやかさにつながっているのかも。

毎年楽しみにしているという人も多い八ヶ岳生とうもろこし。リピーターの人は、今年はアレンジにも挑戦してみてはいかがでしょう?

【関連記事】

HAMARA FARM「八ヶ岳生とうもろこし」直売情報 2021
HAMARA FARM「八ヶ岳生とうもろこし」直売情報 2021
諏訪の国ブランド認定! メロンより甘い「八ヶ岳生とうもろこし」 八ヶ岳の麓、原村で農業を行うHAMARA FARM(ハマラファーム)が2011年からつくり続けている“メロンより甘いとうもろこし” … 続きを読む

【八ヶ岳生とうもろこしの販売はこちら】

SPOT INFORMATION

デリ&カフェ「K」

住所
391-0115 長野県諏訪郡原村17217-1613
電話番号
0266-74-2684
営業時間
10:00〜18:00(L.O.=17:30)
金・土・祝前日=10:00〜21:00(L.O.=20:30)
定休日
火曜日(夏季は無休)
詳細ページ
https://k-haramura.com
https://www.facebook.com/deliandCafeK/

日付の近いイベント

同じエリアのイベント

このエリアの最新ニュース

今日の八ヶ岳をガイドする ハチ旅