【八ヶ岳の今旬!】地元でしか食べられない幻の“津金のりんご”、数量限定で通販にも登場

八ヶ岳周辺エリアでりんごの産地といえば長野県というイメージが強いかもしれませんが、実は山梨県にもおいしいりんごの産地があるんです。それが北杜市の津金地域です。

津金のりんご園

津金がある相の原台地は寒暖差が大きく、土質もいいため、昔からいろいろな果物の産地となってきた土地。「相の原でつくるものはなんでもうまい」なんていわれるほど農産物、果物の栽培に適した土地なんです。

今年もそろそろ旬の時期を迎えます。

そんな津金の名産となっているのがりんご。蜜がギュッと詰まっていて、シャキシャキとみずみずしい食感が特徴なんですよ。冬の始まりのこの時期からいよいよ旬を迎えます。

蜜があふれ出そうなほど詰まっています!

でも、津金のりんごって全国的には知名度が低いですよね? 山梨にりんごの産地があること自体知っている人は少ないでしょう。

というのも、実は津金のりんごは生産量がとても少ないんです。その味の良さにもかかわらず、過疎化や後継者不足によってりんご農家は年々減少。現在では津金のりんご農家は20軒ほどになっているんです。

そのため、流通量が少なく、農協などにも出回ることがない、地元でしか食べられないりんごになっています。

そんな幻の“津金のりんご”ですが、今年は少量ながらネット販売も行われます。八ヶ岳エリアの名産品を扱う通販サイト・ハチカッテで20ケース分限定で販売されるんです。

普段は地元でしかなかなか手に入らないりんごです。

生で食べるのはもちろんですが、すりおろして、肉を漬けるマリネ液に入れたりするのもオススメの使い方。また、豚肉で巻いて焼いてもおいしいそうですよ。ちなみに、収穫の2か月前から消毒を控えているので、軽く洗って皮ごと食べることができますよ。ぜひそのままかじりついてみてください!

11月下旬から1月下旬にかけての出荷で、予約はすでに受付中。幻のりんごをこの冬、味わってみてください!

[津金のサンふじ]

出荷時期
11月下旬〜1月下旬
価格
5kg(16〜18玉)=5,000円(送料込み)
販売サイト
8katte ハチカッテ -八ヶ岳の通販サイト- | 八ヶ岳からお届け!
http://8katte.com/
販売ページ
送料無料 ギフト用 津金のあま~い りんご (5kg) お取り寄せ用
http://8katte.com/SHOP/hayakawa-apple-2017.html

日付の近いイベント

同じエリアのイベント

このエリアの最新ニュース

今週のイベント

< >
Selecao Nagano ハチ旅はセレソン長野を応援しています!

今日の八ヶ岳をガイドする ハチ旅