【八ヶ岳の今旬!】凍って最後はハラハラと落ちる!? 清里の“凍るシャボン玉”

12月も後半になり、八ヶ岳エリア、特に北側や標高の高いエリアは連日氷点下になる日が続いています。外に出ると思わず震えてしまう時期ですね。

でも、そんな寒い日が待ち遠しくなるようなアイテムが八ヶ岳にはあります。凍るシャボン玉です!

これは清里の萌木の村で体験できるもの。普通のシャボン玉と同じように、液をストローで吹いたり、機械で飛ばしたりしてつくるんですが、使うシャボン玉液が特別なものなんです。

清里の白樺から採れる「白樺妖精水」と呼ばれる樹液水とハチミツを使って、2005年に−4度で凍るシャボン液を開発したんですよ。

標高が高く、寒い清里では、12月中旬頃から3月上旬頃までシャボン玉が凍る気温まで下がる日が多く、今年もそろそろこのシャボン玉を楽しめる時期になっています。

気温や湿度、風などによっても変わりますが、四角やひし形、六角形のほか、雪のような形の結晶がジワジワと広がり、全体が凍っていきます。そして、最後は固体化に伴う体積の増加によって、セロファンや薄紙が舞い落ちるように割れるんだそうです。最後まで幻想的なんですね!

ちなみに、ストローで吹いてつくることもできますが、この場合は人の息が暖かいので凍るまで少し時間がかかります。機械で飛ばす方法だと空気の温度が低いので、寒い日はすぐに凍るんだとか。

この冬の幻想的な楽しみ、萌木の村ではホテル ハット・ウォールデンに宿泊した人や、萌木の村の名物レストラン・ROCKを利用した人は、気温などの条件が整っていれば無料で体験できます。

また、ネット通販でシャボン玉液を買うこともできるので、体験してみたい人はそちらを利用してもいいですよ。ぜひ寒い八ヶ岳に持って遊びに来てみてください!

[凍るシャボン玉液]

通販・問い合わせ
萌木の村オルゴール博物館 ホール・オブ・ホールズ 名取淳一(TEL=0551-48-3535/MAIL=takumi@moeginomura.co.jp
詳細ページ
八ヶ岳南麓清里の憩いの郷|萌木の村
http://www.moeginomura.co.jp/blog/7228/

凍るシャボン玉
http://www.moeginomura.co.jp/SHIRAKABA/bubble.html

SPOT INFORMATION

萌木の村 ROCK

萌木の村の名店・ROCKが2017年6月9日の"ロックの日”にリニューアルオープンしました。新たな店舗は、北欧風の中に和のテイストがあり、メイドイン北杜市が満載!人気のビーフカレーや、オリジナル地ビール・タッチダウンはもちろん、甲州麦芽ビーフのステーキや、イタリアで修業したシェフが焼くピザ、種類豊富なデザートなど、バラエティ豊かなメニューが揃っています。老若男女問わず楽しめるレストランです。

住所
〒407-0301
山梨県北杜市高根町清里3545
電話番号
0551-48-2521
営業時間
夏期・4/1~10/31 10:00~23:00(L.O22:00)
冬期・11/1~3/31 11:00~22:00(L.O21:00)
定休日
なし
メニュー例
ROCKビーフカレー 1,080円
ピルスナー(タッチダウンビール) 580円/S
甲州麦芽ビーフリブロース1ポンドステーキ(450g) 6,480円
駐車場
あり
詳細ページ
https://rock1971.jp/

日付の近いイベント

同じエリアのイベント

このエリアの最新ニュース

今週のイベント

< >

今日の八ヶ岳をガイドする ハチ旅