【八ヶ岳の今旬!】北杜市の稲絵アートが見ごろ! 絵がハッキリ見える季節に入りました

北杜市の夏を彩る稲絵アートが、今年も見ごろを迎えています。

北杜市稲絵アートフェスティバルは今年で8回目を迎えるイベント。北杜市・高根町の田んぼに、「うるち米」と「古代米」を植え、稲穂の色で絵を描くプロジェクトです。

今年も5月に田植えが行われ、すくすく育っていました。盛夏を控えたこの時期は、稲が青々としてきて絵が完成する季節。おととい、7月3日の時点で見事な絵が田んぼを彩っていました。

7月3日時点の稲絵の様子

7月3日時点の稲絵の様子

描かれているのはフクロウ。実はこれ、3年かけた3部作の完結作なんです。一昨年はフクロウの親子の姿が、去年はフクロウの子どもが旅立つ様子、そして今年は旅立った子どもが里帰りする姿が描かれています。だから「ただいま」というセリフが描かれているんです。

稲絵アートの面白さは、時期によってどんどん色合いが変わっていくこと。今は青々とした色の稲ですが、これから稲刈りの季節が近づくにつれ、黄金色に変わっていきます。稲穂が育つとやはり絵は少し見えづらくなりますが、黄金色に染まっていく様子も楽しめますよ。

例年なら9月上旬前後の稲刈りまで稲絵を楽しめます。特に青々とした姿を見るなら8月中旬ごろまでに足を運ぶといいですよ。

日付の近いイベント

同じエリアのイベント

このエリアの最新ニュース

今週のイベント

< >
Selecao Nagano ハチ旅はセレソン長野を応援しています!

今日の八ヶ岳をガイドする ハチ旅