日本三大湖城・高島城で50回目の「諏訪高島城祭」! 限定登閣朱印カードの販売なども

武田信玄の軍用路・棒道や山梨県韮崎市の新府城跡をはじめ、戦国期の史跡も数多く残されている八ヶ岳エリア。長野県諏訪市の高島城もそんなひとつです。

高島城は1590年に設計され、1598年に完成しているので、正確には戦国期というより豊臣政権時代につくられたお城。江戸時代には諏訪高島藩のお城となりました。

高島城(2019年4月撮影)。春の高島城は桜の名所としても親しまれています。

現在では諏訪湖の干拓事業により湖に面したお城ではなくなっていますが、築城当時は諏訪湖に突き出すように建つ水城で、「諏訪の浮城」という呼び名は現在も残っています。そんないきさつから、日本三大湖城にも数えられているほか、「続日本100名城」にも選ばれているんですよ。

天守復興を記念した「諏訪高島城祭」、今年は50回目!

そんな高島城で毎年晩春に行われているのが「諏訪高島城祭」です。

高島城の天守は明治時代に撤去されたのですが、その後1970年に復興されました。「諏訪高島城祭」はそんな天守の復興を記念して行われているお祭りです。

木やりや長持ちといった諏訪大社の御柱祭に欠かせない芸能に加え、例年は砲術の披露なども行われています。

会場では地元のお土産や野菜、姉妹都市の物産展といったおいしいものの販売も。さらにアイスや樽酒、水餃子などの無料配布も行われます。

また今年は50回目の高島城祭ということで、限定200枚の高島城登閣朱印カードの販売や記念抽選会も予定されています。抽選会では上諏訪温泉ペア利用券、諏訪湖祭湖上花火大会ペア招待券といった豪華な賞品が当たりますよ。

ちなみに、この日は天守の入場も無料となっています。高島城の天守は諏訪湖などを一望できる絶景スポットです。

開催は5月26日。ぜひこの機会に諏訪のお城に遊びに来てください!

[第50回諏訪高島城祭]

開催日
2019年5月26日(日)
時間
式典=9:30〜10:00、各種催し=9:00〜15:30
会場
高島公園内(長野県諏訪市高島1-20-1)
問い合わせ
高島城祭実行委員会(諏訪市観光課内/TEL=0266-52-4141
詳細ページ
諏訪高島城祭 – 諏訪市観光ガイド
https://www.suwakanko.jp/events/%e8%ab%8f%e8%a8%aa%e9%ab%98%e5%b3%b6%e5%9f%8e%e7%a5%ad/

SPOT INFORMATION

諏訪高島城(高島公園)

「諏訪の浮城」とも呼ばれる諏訪高島藩の城。豊臣政権下の1590年に日根野高吉によって設計され、1598年に完成しました。やがて明治時代になると天守閣などが撤去され、「高島公園」に。1970年に天守が復興され、現在の姿になりました。高島公園は入場無料で、復興天守閣のみ入場料が必要となります。公園はイベントの会場として使われることもあるほか、春は桜の名所としてお花見スポットになっています。また、秋には色づいた木々に彩られる風景も楽しめます。

※紅葉写真提供:諏訪観光協会

住所
〒392-0022 長野県諏訪市高島1-20-1
電話番号
0266-53-1173
営業時間
天守閣=9:00〜17:30(10月1日〜3月31日は16:30まで)
定休日
12月26日〜12月31日および11月第2木曜日/3・5・8月は清掃のため半日休館日あり
料金例
大人 300円
小人 150円
駐車場
あり
詳細ページ
http://www.suwakanko.jp/point/takashimajo/

同じエリアのイベント

このエリアの最新ニュース

八ヶ岳鉢巻周遊リゾートバス

今日の八ヶ岳をガイドする ハチ旅