復活から10年! 標高1,300mの高原に現れる“映画館”「星空の映画祭」、今年も開催

夏の高原に夜だけ現れる“映画館”があります。今年で34回目の開催を迎える野外映画祭「星空の映画祭」です。

これは長野県原村の八ヶ岳自然文化園に特設スクリーンを設置して星空の下で映画を見る、標高1,300mエリアで行われる“日本最高峰”の映画祭です。実はこの映画祭は、1984年にスタートしたのですが、2006年に一度その幕を閉じています。しかし、夜空の下で行われるこの映画祭で育った世代などがこの体験を惜しみ、2010年にボランティアによる運営体制のもと復活。今年でちょうど復活から10年目を迎えます。

新たなスタートを切った「星空の映画祭」は以前にも増して盛り上がり、2017年には復活前の来場者数記録を塗り替えるほどになりました。

復活から10年目となる今年も開催日程が発表となりました。今回は7月26日から8月18日までの開催。8月2日、3日の休映日を挟みつつ、毎晩日替わりで映画が上映されます。

6月下旬ごろからは上映作品も順次発表される予定ですよ。

今年は復活10年目の記念イベントも!

そして復活10年目の今年は映画祭のスタートを前に記念イベントも行われます。「星空の映画祭復活10年目記念ナイト」と題して、「星空の映画祭」を立ち上げた第1世代の柳平二四雄さん、復活に尽力した第2世代の武川寛幸さん、長野県茅野市の映画館・新星劇場の柏原昭信さんの3人がトークを行います。

「星空の映画祭」の歴史を振り返るだけでなく、今年の映画祭を10倍楽しむための映画談義などを繰り広げますよ。

記念ナイトの開催は7月14日。八ヶ岳自然文化園の敷地内にあるレストラン・デリ&カフェ 「K」で行われます。ワンオーダー制ですが、イベント自体への参加は無料で予約も必要ないので、気軽に参加できちゃいます。

夏の夜だけ現れるロマンチックな映画館、ぜひその景色も含めて映画を楽しむ体験をしに遊びに来てください!

[星空の映画祭2019]

開催期間
2019年7月26日(金)〜8月18日(日)
※8月2日(金)、8月3日(土)は休映
時間
上映開始=20:00(開場=19:00)
会場
八ヶ岳自然文化園(長野県諏訪郡原村17217-1613)野外ステージ
チケット
7月上旬告知、販売開始予定
公式サイト
星空の映画祭 公式サイト
https://www.hoshizoraeiga.com/

星空の映画祭 – ホーム
https://www.facebook.com/hoshizoraeiga/

[星空の映画祭復活10年目記念ナイト☆]

開催日
2019年7月14日(日)
時間
18:00〜20:00
会場
デリ&カフェ 「K」(長野県諏訪郡原村17217-1613/八ヶ岳自然文化園内)
料金
無料
※ワンオーダー制/予約不要
問い合わせ
担当:堀之内(MAIL=mitchan@8sigotonin.com

SPOT INFORMATION

八ヶ岳自然文化園

標高約1,300m、原村の八ヶ岳中央高原エリアにある「八ヶ岳の自然とふれあい」をテーマにしたレジャー施設。
八ヶ岳や蓼科山、車山、北アルプスといった山々が見える園内にはさまざまな山野草があり、季節ごとの景色や花々を楽しむお散歩スポットとして利用する人も多いです。芝生広場で休憩したり、愛犬と園内散歩をする人の姿も多いですよ。
園内にはパターゴルフ場、マレットゴルフ場、グレステンサマースキー場といったスポーツ施設や、プラネタリウムや多目的ホール(セミナーハウス)のある自然観察科学館などが。
また、イベント会場として利用されることが多く、マーケットイベントや星空鑑賞会、音楽イベントなど年間を通じてさまざまな催しが開催されています。

住所
長野県諏訪郡原村17217-1613
電話番号
0266-74-2681
営業時間
9:00~17:00(7月下旬~8月末は18:00まで)
定休日
火曜日および祝日の翌日、年末年始、ゴールデンウィーク明け(夏季は無休)
※その他特別営業日及び不定休あり
入園料
無料
駐車場
あり
詳細ページ
http://www.yatsugatake-ncp.com/

同じエリアのイベント

このエリアの最新ニュース

八ヶ岳鉢巻周遊リゾートバス

今日の八ヶ岳をガイドする ハチ旅