今年も7月中旬から出荷予定! メロンより甘い「八ヶ岳生とうもろこし」、予約受付中

夏は高原野菜の季節。八ヶ岳エリアでもいろんな野菜、果物が旬を迎えます。

そんなひとつがとうもろこし。八ヶ岳エリアではいろんな農家さんがとうもろこしを育てており、7月から8月にかけて収穫期を迎えます。

なかでも名物となっているのが「八ヶ岳生とうもろこし」です。長野県の原村で農業を行っているHAMARA FARMが育てているとうもろこしで、糖度20度と、なんと一般的なメロンよりも甘いんです。みずみずしさも抜群で、かぶりつくとジュワッと果汁があふれるほどなんですよ。

そして、大きな特徴は生でも食べておいしいということ。そのまま食べることで、甘みやジューシーさをよりハッキリと感じることができるんです。フルーツのような味わいが鮮明になるので、ぜひ生で食べてみてください。

わずか3〜4日だけの本当の旬に、朝採れだけを発送!

今年も7月に入り、そろそろ出荷時期が近づいてきています。現在の見通しでは7月中旬ごろから順次出荷が始まる予定です。

「八ヶ岳生とうもろこし」は地元での直売はもちろんですが、通販も行っています。八ヶ岳の名産品を扱う通販サイト・ハチカッテでは、今年もすでに予約が始まっていますよ。

今年ももうすぐ収穫です。

そして、この通販もおいしく食べるためのこだわりがあるんです。実はとうもろこしは鮮度が命。採れたてが一番おいしいんです。さらに、特に甘みが凝縮するのは朝一番の時間。夜の冷え込みで甘さがギュッと果実に集まるんです。

「八ヶ岳生とうもろこし」は、最高の状態で食べてもらうために朝採れにこだわって収穫しています。しかも、ほんの3〜4日だけしかない、とうもろこしが一番おいしい瞬間を狙って採っているんですよ。

通販でもその日の朝に収穫したものだけを出荷します。わずかしかない本当の旬の味を楽しめちゃいます。

HAMARA FARMの「八ヶ岳生とうもろこし」。

出荷時期は7月中旬ごろから9月ごろまで。毎年盛夏の時期には売り切れとなってしまうことも多いので、食べてみたいという人はお早めの注文がオススメですよ!

[八ヶ岳生とうもろこし]

出荷時期
7月中旬〜9月ごろ
※天候や育成状況により変更になる場合があります
販売サイト
8katte ハチカッテ
http://8katte.com/
価格
2,916円(8本)
販売ページ
【公式通販サイト】八ヶ岳生とうもろこし 2019年 朝どれ生とうもろこし 元祖 メロンより甘い 長野県諏訪郡原村産 日本ギフト大賞受賞 生で食べられる 朝採れ発送します お取り寄せやギフトに最適 (10本入り)八ヶ岳 生とうもろこし 諏訪の国ブランド認定
http://8katte.com/SHOP/hamara-2019-01.html

日付の近いイベント

同じエリアのイベント

このエリアの最新ニュース

今週のイベント

< >
八ヶ岳鉢巻周遊リゾートバス

今日の八ヶ岳をガイドする ハチ旅