次に見られるのは59年後! 天の川の両脇で輝く木星・土星を八ヶ岳で楽しみませんか?

季節ごとにさまざまな姿を見せてくれる星空は、八ヶ岳の見どころのひとつ。星空の名所と呼ばれるこの地域は、星好きの方をはじめ、たくさんの人が星を楽しみにやってきます。

時期によって見どころになるような現象もあります。夏なら8月のお盆シーズンに極大を迎えるペルセウス座流星群などが有名ですね。

今年はそんな定番天文イベントに加えて、ちょっと珍しい景色を見るチャンスもあります。天の川の両脇に木星と水星が輝く景色です。

木星は太陽系で1番、土星はそれに次ぐ2番目に大きい天体。そのふたつが揃って天の川の脇に輝くのは珍しい光景で、次見られるのは59年後なんだそうです。

そんな光景を見られる天体イベントもあります。8月3日に行われる「みあげて星見里inむかわ」がそのひとつ。

自然写真家の牛山俊男さんが登場し、木星・土星の「二大惑星が輝く星空」をテーマにお話をしてくれます。もちろん講演会のあとは実際に天体望遠鏡で星空を見上げますよ。

参加は無料ですが、先着順の申込制なので参加したいという人はお早めにどうぞ!

[第10回みあげて星見里inむかわ]

開催日
2019年8月3日(土)
時間
19:30〜(受け付け=19:00〜)
会場
甲斐駒センターせせらぎホール(山梨県北杜市武川町牧原1243)
参加費
無料
※要申し込み/7月31日まで受け付け
定員
100名
詳細ページ
第10回みあげて星見里inむかわ開催のお知らせ – 月見里県 星見里市(山梨県 北杜市)公式サイト
https://www.city.hokuto.yamanashi.jp/docs/9989.html

同じエリアのイベント

このエリアの最新ニュース

八ヶ岳鉢巻周遊リゾートバス

今日の八ヶ岳をガイドする ハチ旅