【特集:星空の映画祭2019】会場内のレストランは深夜営業&テンホウとのコラボメニューも! 上映前後も楽しむ映画祭

今年も7月26日からスタートした「星空の映画祭」。長野県原村の八ヶ岳自然文化園の特設スクリーンで、今年もいろんな映画が毎日日替わりで上映されています。

もちろん星空の下で映画を観るという体験自体が「星空の映画祭」の大きな魅力ですが、その前後も楽しみがあるんですよ。

今回はそんな観る前、観たあとも満喫できる「星空の映画祭」の楽しみをご紹介します!

会場内で食べるなら屋台村が便利!

たとえば会場グルメ。19時からと夕食どきに上映が重なる「星空の映画祭」では、上映場所の周辺にグルメスポットが登場します。

恒例なのは星空屋台村。会場周辺にキッチンカーが並び、フードや飲み物の販売を行っています。

今年も八ヶ岳自然文化園にいろんなキッチンカーが集合!

星空の映画祭は会場で飲食可能なので、屋台村で買ったものを持ち込んで映画を観ながら食べることもできます。前回の紹介記事でも書いたとおり、会場は真夏でも予想以上に寒さを感じることがあるので、温かいものを買っておいてもいいですよ。

会場にあるレストランではテンホウとのオリジナルコラボメニューが登場!

「ごはんは上映前後にゆっくり食べたい」という人は、会場の八ヶ岳自然文化園内のレストラン・デリ&カフェ 「K」が便利です。

ソファ席などもあり、休憩に来る人も多いデリ&カフェ 「K」。

「K」はランチやディナー、コーヒー、ビールなど食事やティータイムに利用する人が多いお店。通常は夏営業期間でも21時までの営業なのですが、「星空の映画祭」開催期間中は23時とかなり遅くまで営業しているんです。

原村の周辺エリアは深夜までやっているお店が多くないのですが、ここなら映画上映後もゆっくりごはんを食べられます。もちろん上映前の時間も営業しているので、早めに会場に来て先に食事をすることもできますよ。

さらに、「K」では「星空の映画祭」の時期だけの特別メニューも登場しています。長野県、特に諏訪エリアではソウルフードといわれるラーメンチェーン「テンホウ」とのコラボレーションメニューが提供されているんです。

八角などの香辛料をしっかり使った餃子や辛くない独自のタンタンメンなど、さまざまなメニューがあるテンホウさんですが、今回のコラボではテンホウのメニューをベースに完全新作のオリジナルメニューがつくられています。高原野菜や手作り鶏ハム、さらにHAMARA FARM(ハマラファーム)の「八ヶ岳生とうもろこし」といった、このエリアの名産品をたっぷり使った旬感たっぷりの贅沢なメニューが用意されています。

映画祭中の「K」は「テンホウ原村店」に変身! コラボメニューはどれもここだけのオリジナルです。

コラボメニューは5種類。「名探偵バンバンチーメン」、「ボヘミアン・ラーメン」、「飛んで野沢菜(餃子)」など上映作品にちなんだ名称が付けられていますよ。

この期間、ここでしか食べることができないコラボメニュー、普段からテンホウに通っている人も、初めてという人もぜひこの機会に試してみてください!

普段使いにもオススメ! 毎年人気のオリジナルグッズ

会場での楽しみは食事だけではありません。「星空の映画祭」ではオリジナルグッズもいろいろつくられているんです。

オリジナルグッズはスタッフがデザインしているんですが、といっても実は素人のデザインではないんです。「星空の映画祭」スタッフにはデザイナーさんや作家さんもおり、そんな人たちが毎年気合いを入れてデザインしているんですよ。

今年は定番人気のサコッシュに加え、木製バッジやアロマワックスバー、ブランケットといったグッズが販売されています。会場でも便利なブランケットなど、買ってすぐ使うのはもちろんですが、普段使いしても違和感がないデザインになっています。

オリジナルグッズは会場の販売ブースでレインコートなどといっしょに販売しています。

オリジナルグッズはどれも例年人気があり、ものによっては早い段階で売り切れになった年も。気になる人はぜひお早めに購入してくださいね!

こちらはブランケット。実はこのワンポイントの刺繍は、スタッフが手縫いしているんです。

木製バッジはいろんな種類が。

観光後はもちろん、八ヶ岳自然文化園内で遊んで過ごすことも

「星空の映画祭」は夜のイベントなので、会場には夕方以降くらいに来る方も多いです。原村や周辺エリアの観光を楽しんだあとに遊びに来るのにももちろんピッタリです。

また、会場の八ヶ岳自然文化園自体が原村のプレイスポットでもあります。プラネタリウムやいろんなおもしろ自転車に乗って遊べる場所があるほか、自然のなかを散策して楽しむ人も多いです。

八ヶ岳自然文化園。

昼から遊びに来て夜の上映を待つのも楽しいですよ。

星空の映画祭は8月2日、3日の休映を挟んで、8月18日まで続きます。前後の楽しみも含めて、ゆっくり楽しんで行ってください!

[星空の映画祭2019]

開催日
2019年7月26日(金)〜8月18日(日)
※8月2日(金)、8月3日(土)は休映
時間
20:00〜(開場=19:00)
会場
八ヶ岳自然文化園(長野県諏訪郡原村17217-1613)野外ステージ
チケット
前売り券:おとな(高校生以上)=1,000円、こども(中学生以下)=500円
当日券:おとな=1,300円、高校生=1,000円、こども(小中学生)=500円
※未就学児無料
公式サイト
星空の映画祭 公式サイト
https://www.hoshizoraeiga.com/

星空の映画祭 – ホーム
https://www.facebook.com/hoshizoraeiga/

【関連記事】

【特集:星空の映画祭2019】8月でも平均最低気温は約17度! 星空の映画祭を楽しむための服装やアイテムをガイド
【特集:星空の映画祭2019】8月でも平均最低気温は約17度! 星空の映画祭を楽しむための服装やアイテムをガイド
今年も7月26日から「星空の映画祭」がスタートします。長野県原村の八ヶ岳自然文化園の野外ステージに特設スクリーンを設置。星空の下で行われる野外映画祭です。 一部休映日を挟みつつ、7月26 … 続きを読む

日本一高い場所に現れる野外映画館! 「星空の映画祭2018」今年も開催
日本一高い場所に現れる野外映画館! 「星空の映画祭2018」今年も開催
夏の八ヶ岳には日本一標高の高い野外映画館が現れるって知ってますか? 真夏の夜に原村で行われる「星空の映画祭」です。 「星空の映画祭」は夏の長野県原村で行われる野外映画祭。自然が広がる八ヶ … 続きを読む

SPOT INFORMATION

八ヶ岳自然文化園

標高約1,300m、原村の八ヶ岳中央高原エリアにある「八ヶ岳の自然とふれあい」をテーマにしたレジャー施設。
八ヶ岳や蓼科山、車山、北アルプスといった山々が見える園内にはさまざまな山野草があり、季節ごとの景色や花々を楽しむお散歩スポットとして利用する人も多いです。芝生広場で休憩したり、愛犬と園内散歩をする人の姿も多いですよ。
園内にはパターゴルフ場、マレットゴルフ場、グレステンサマースキー場といったスポーツ施設や、プラネタリウムや多目的ホール(セミナーハウス)のある自然観察科学館などが。
また、イベント会場として利用されることが多く、マーケットイベントや星空鑑賞会、音楽イベントなど年間を通じてさまざまな催しが開催されています。

住所
長野県諏訪郡原村17217-1613
電話番号
0266-74-2681
営業時間
9:00~17:00(7月下旬~8月末は18:00まで)
定休日
火曜日および祝日の翌日、年末年始、ゴールデンウィーク明け(夏季は無休)
※その他特別営業日及び不定休あり
入園料
無料
駐車場
あり
詳細ページ
http://www.yatsugatake-ncp.com/

同じエリアのイベント

このエリアの最新ニュース

八ヶ岳鉢巻周遊リゾートバス

今日の八ヶ岳をガイドする ハチ旅