【八ヶ岳 紅葉速報2018】清里、富士見町など高原エリアはだいぶ秋らしい景色に!

10月に入り、高原エリアは今週グッと紅葉が進んできました。今週末はお出かけ先で秋の気配を感じられそうですよ。

高原エリアはそろそろ本格的に紅葉シーズンに

先週半ばの段階ではまだ青々とした様子だった、清里から原村をつないだ鉢巻道路ですが、先週後半ごろから紅葉が進み始め、今週はそこかしこが色づいていました。

鉢巻道路の様子(2018年10月3日撮影)。

車で走っていると秋らしい景色を楽しめます。

鉢巻道路沿いにある富士見高原リゾートの入り口あたりもかなりきれいになってきていました。

富士見高原リゾート入り口付近(2018年10月3日撮影)。

富士見高原リゾート入り口付近(2018年10月3日撮影)。

長野県の原村、富士見町あたりの高原エリアは今週末散策すると秋の景色を楽しめそうです。

清里も色づいてきています

高原といえば山梨県の清里エリアも標高の高いエリア。こちらも道々が色づき始めています。

人気レストラン・ROCKをはじめ、いろんなお店が集まる萌木の村の庭園も紅葉した木が増えてきています。

清里・萌木の村の様子(2018年10月3日撮影)。

鮮やかに色づいた木で華やかな景色に(2018年10月3日撮影)。

萌木の村の庭は「ナチュラルガーデン」と呼ばれるもの。土地に合った植物を植物に合った場所に植えて、自然の生態系に近い形でつくられており、普段から散策に訪れる人も多い人気スポットです。色とりどりに染まったこの時期のお散歩も楽しいですよ。

ちなみに、萌木の村は現在ハロウィンの装飾がお店や庭などあちこちに施されています。こちらも季節を感じさせてくれます。

萌木の村の敷地内はハロウィンの装飾がたくさん!

広場にはカボチャでつくった大きなアートも。

小淵沢エリアも鮮やかな景色に

また、今週は高原より少し標高の低いエリアも紅葉が進んできています。標高1,000m前後の小淵沢エリアあたりも景色が色づいてきています。

こちらは道の駅こぶちさわ前の道の様子。

道の駅こぶちさわ付近の道(2018年10月3日撮影)。

道の駅こぶちさわ付近の道(2018年10月3日撮影)。

このあたりの木は見ごろという感じでしたよ。周辺でも色づいた木が見られました。

長野県の諏訪エリアなど標高700〜800mエリアも場所や木の種類によっては紅葉が進んできた景色が見られることも。街中でも赤く染まった木を見かけることがあります。ただ、いわゆる紅葉スポットは例年10月中旬からが見ごろと、本格的なシーズンはもう少し先になりそう。このあたりは来週以降にご注目を!

【八ヶ岳の紅葉特集2018も公開中!】
https://8tabi.jp/feature/koyo-2018/

SPOT INFORMATION

道の駅こぶちさわ

小淵沢I.Cから車で1分。体験施設、レストラン、パン屋、温泉、ホテルが併設された観光客にも地元民にも人気スポットです。

住所
〒408-0044
山梨県北杜市小淵沢町2968-1
電話番号
0551-36-3280
営業時間
9:00~18:00(5月~9月は19:00まで)
定休日
年中無休
料金例
地元野菜 ¥100〜
駐車場
あり
詳細ページ
http://mkobuchisawa.jp/

日付の近いイベント

同じエリアのイベント

このエリアの最新ニュース

今週のイベント

< >

今日の八ヶ岳をガイドする ハチ旅