海なし県だからこそ生まれた魚…八ヶ岳の伏流水で育った信州サーモンが通販で

海のない八ヶ岳エリアは、魚のイメージはあまりないかもしれません。でも、山と川に囲まれた八ヶ岳エリアだからこその魚もあるんです。信州サーモンです。

海なし県でおいしい魚を……10年かけて誕生した信州サーモン

最近はお寿司屋さんなどでも見かけることが多くなっている信州サーモン。実は2004年に養殖品種として承認された、新しい魚なんです。

海がなく、川魚などを食べてきた文化のある長野県ならではのおいしくて病気や寒さに強い魚を生み出そうと、長野県水産試験場が10年かけて研究を重ね、ようやく誕生しました。

「信州サーモン」という名前が示すように、見た目などは鮭によく似ていますが、実際にはニジマスとブラウントラウトをバイオテクノロジーを使って交配させた品種。育てやすさや病気にへの強さといった養殖する際のメリットはもちろんですが、味も抜群。

単なる鮭に似た魚というわけではなく、きめ細かい肉質やとろっととろけるような舌触りなど、信州サーモンならではのおいしさがあります。

また、信州サーモンは卵を産まないので成熟や産卵に使うエネルギーがそのまま旨みとして身に凝縮されるのも特徴。産卵しないので1年を通しておいしいですが、なかでもこれからの冬の時期は脂が乗って特においしい季節です。

淡水魚特有の臭みがない、八ヶ岳信州サーモン

そんな信州サーモンは八ヶ岳でも育てられています。長野県茅野市にあるベルーフは、そんな八ヶ岳育ちの信州サーモンを扱う卸の会社さんです。

信州サーモンに対して「川魚特有の臭いがある」というイメージを持つ人もいるかもしれません。ですが、ベルーフさんの出会った信州サーモンは八ヶ岳の伏流水で大事に育てられ、淡水魚特有の臭みがないんです。

ベルーフさんでは、そんな八ヶ岳信州サーモンを養魚場から生きたまま輸送し、生け簀でしばらく餌止め。そうして身を引き締めたあと、熟練の職人さんがすぐに血抜き、3枚におろして出荷しています。

お刺身はもちろん、お鍋やしゃぶしゃぶ、ソテーなどでも

八ヶ岳エリアの名品を扱う通販サイト・8katte(ハチカッテ)では、そんなベルーフさんの八ヶ岳信州サーモンを新たに販売スタートしました。

ぷりっとした食感や旨みを味わえるお刺身はもちろん、しゃぶしゃぶにしたり、鍋に入れたり、焼いたりソテーにしてもおいしいですよ。

また、ハチカッテでは長野県諏訪地方を代表する酒蔵・真澄こと宮坂醸造の煎り酒とのセットも。煎り酒は醤油の浸透する以前の室町時代から江戸時代まで親しまれてきた調味料で、日本酒に梅干しを入れて煮切り、昆布、鰹節、干し椎茸の出汁といった旨みがギュッと詰まっています。

何にでも使える万能調味料・煎り酒。サラダのドレッシングなどにも使えちゃいます。

醤油と同じように使える万能調味料で、信州サーモンとの相性もバッチリ。お刺身につけるだけでなく、漬けなどにするのもおすすめです。

丁寧に骨を取ってあるので、そのまま好みの厚さに切って食べられるパックになっています。年末年始のごちそうとして、今年は八ヶ岳信州サーモンを食べてみてはいかがでしょう。

[八ヶ岳信州サーモン]
▶販売ページ:https://8katte.com/SHOP/8items-20001020-01.html
▶価格:八ヶ岳信州サーモン(冷蔵)1.6kg 8,600円
八ヶ岳信州サーモン(冷蔵)1.6kg+真澄 煎り酒 9,800円
八ヶ岳信州サーモン(冷凍)1.2kg 6,500円

日付の近いイベント

同じエリアのイベント

このエリアの最新ニュース

今週のイベント

< >

今日の八ヶ岳をガイドする ハチ旅