信玄ソフト発祥の地・道の駅南きよさとに新商品! 食べ応えたっぷりのプレミアム信玄ソフト

バニラソフトに黒蜜、きなこという組み合わせの「信玄ソフト」。今では山梨県内のいろんなスポットで出会える定番のデザートになっています。

信玄ソフト発祥の地、道の駅南きよさと

そんな「信玄ソフト」の発祥の地といわれるのが道の駅南きよさとです。ここの「信玄ソフト」は、信玄餅で知られる金精軒とコラボした商品。金精軒の生信玄餅と同じく金精軒の北杜市産きなこを使っているんですよ。

トッピングされている生信玄餅は食べやすいように、通常のものより少し小さめサイズになっていたりといった工夫も凝らしたメニューで、10年以上人気の一品なんです。

抹茶の苦みがアクセント! パフェのような「プレミアム信玄ソフト」

そんな道の駅南きよさとの「信玄ソフト」に、ちょっと贅沢な新顔が登場したのをご存知でしょうか? 10月16日から販売スタートした「プレミアム信玄ソフト」です。

こちらがプレミアム信玄ソフト!(白州尾白の森名水公園べるがFacebookページより)

写真を見てもらえばわかるとおり、小豆や玄米フレーク、厚めのウエハースなどトッピングがたっぷり! 実は道の駅南きよさとは男性の利用者が多く、従来の「信玄ソフト」にも「もっとボリュームが欲しい!」という声が多かったそうなんです。その声に応えて、パフェのように食べ応えたっぷりの「プレミアム信玄ソフト」が生まれたんですね。

きなこに加えて抹茶パウダーもトッピングされているのも特徴。さっそく「爽やかな苦みが合う!」という感想も寄せられているそうです。

お値段は500円。従来の「信玄ソフト」(350円)ももちろん引き続き販売されていますので、食べ比べしてみてください!

[プレミアム信玄ソフト]

販売場所
道の駅南きよさと(山梨県北杜市高根町長沢760)
価格
500円
公式サイト
道の駅 南きよさと | 株式会社アルプス
http://www.alps-hs.co.jp/minamikiyosato.html
関連ページ
白州尾白の森名水公園べるが – 投稿
https://www.facebook.com/meisuikoenverga/photos/a.431211837019824.1073741829.231470400327303/1013605845447084/

日付の近いイベント

同じエリアのイベント

このエリアの最新ニュース

今週のイベント

< >
Selecao Nagano ハチ旅はセレソン長野を応援しています!

今日の八ヶ岳をガイドする ハチ旅