応援上映などイベントも! 第21回小津安二郎記念・蓼科高原映画祭チケット販売開始

芸術の秋に行われる「小津安二郎記念・蓼科高原映画祭」。今年も9月22日から30日までの9日間にわたって、長野県茅野市の新星劇場や茅野市民館でさまざまな映画が上映されます。

活動弁士が語るサイレント作品の上映や応援上映も

この映画祭は、小津安二郎監督が晩年、脚本執筆のためにたびたび蓼科高原に訪れていたことにちなんで開催されているもの。今年で21回目を迎えます。

上映作品は計21本。小津安二郎監督作品としては、名作『東京物語』に加え、戦前の作品である『学生ロマンス 若き日』が上映されます。『学生ロマンス 若き日』はサイレント作品であるため、当時同様、活動弁士さんが登場しての上映となります。

昨年の開催の様子。

また、ご当地の諏訪エリアで撮影された作品も。「信州諏訪ご当地映画」の第2弾として制作された『瞬間の流レ星』のほか、『よあけの焚き火』、『忍びの国』など地元でロケが行われた作品が上映されます。『忍びの国』は声を出せる応援上映ですよ。

このほか、『名探偵コナン ゼロの執行人』、『リメンバー・ミー』といったアニメーション作品、『DESTINY 鎌倉ものがたり』、『グレイテスト・ショーマン』、『妻よ薔薇のように 家族はつらいよIII』など、新旧さまざまな作品の上映が行われます。

ゲストトークが行われる上映もあり、元小津組プロデューサーの山内静夫さんや『東京物語』にも出演している女優・香川京子さんの登壇も予定されています。

チケットの販売もスタート!

そんな「小津安二郎記念・蓼科高原映画祭」のチケットが9月1日より販売スタートしました。

1回券のほか、4枚綴りの回数券、全プログラムを見ることができるフリーパス券など、さまざまなチケットが用意されています。地元エリアのプレイガイドのほか、1回券とフリーパス券はJTBレジャーチケットで購入することもできますよ。

混み合う回もありますのでご注意を!

ちなみにこの映画祭は座席指定はなく、各プログラムで定員に達し次第入場できない形になるので、お目当てのプログラムがある場合はご注意を!

[第21回小津安二郎記念・蓼科高原映画祭]

開催期間
2018年9月22日(土)〜9月30日(日)
会場
茅野新星劇場(長野県茅野市仲町9-15)、茅野市民館(長野県茅野市塚原1-1-1)ほか
チケット
フリーパス券=4,500円、回数券(4枚綴り)=3,000円、1回券(前売り券)=800円、1回券(当日券)=1,000円
※このほか学割などあり。詳しくは公式サイトをご確認ください
公式サイト
第21回小津安二郎記念・蓼科高原映画祭
http://www.tateshinakougen.gr.jp/cinema/

SPOT INFORMATION

茅野市民館/茅野市美術館

茅野市民館は、劇場・音楽ホール、美術館、図書室、レストランなど、さまざまな機能を合わせ持ち、利用する方によって多様な使い道のある施設やスペースからなる、文化複合施設です。「市民一人ひとりが主人公になれる場」の理念のもと、建設計画から市民が直接参加してつくられました。JR茅野駅東口に直結した立地。さまざまな表現やアートに親しみ、文化をつくり、人々が集う、地域の交流拠点を目指しています。

住所
長野県茅野市塚原一丁目1番1号
電話番号
0266-82-8222
営業時間
9:00~22:00(図書室、常設展示室は9:00~19:00)
定休日
火曜日(火曜が祝日の場合は、その直後の休みでない日)
年末年始(年末12月29日~翌年1月3日)
駐車場
あり
詳細ページ
http://www.chinoshiminkan.jp/

日付の近いイベント

同じエリアのイベント

このエリアの最新ニュース

今週のイベント

< >

今日の八ヶ岳をガイドする ハチ旅