9月の連休、八ヶ岳に遊びに来るならどんな服装がいい? 体感気温と服装をチェック!

今週末と来週末は3連休。八ヶ岳に遊びに来る人もいるのではないでしょうか。

さて、旅行に行くとき気になるのは服装ですよね。特に季節の変わり目などは、自分の住んでいるところと旅先で予想以上に体感気温などが違うことがあります。

高原エリアは今週末15度以下になることも?

夏も涼しさを感じる場所が多い八ヶ岳エリアは、この時期になると秋の気配が強くなってきます。お盆を過ぎると秋なんていわれるように、今年も気温自体は夏の気配が残っていても、風は秋らしい涼しさになってきています。

先週から今週半ばごろにかけては比較的残暑を感じるお天気でしたが、今週後半はまた秋めいた空気になってきそう。特に長野県の原村や山梨県の清里など、標高1,300mクラスの高原エリアは朝晩肌寒さを感じることも少なくありません。

たとえば今週半ばに原村に足を運んだスタッフ・小林の服装はこんな感じ。

景色はまだ緑がまぶしいですが、風は冷たくなってきています。

長袖のシャツに羽織るものも用意していました。この日は比較的気温が高かったので、日中は羽織りものは必要なく、Tシャツのスタッフも多かったです。ですが、八ヶ岳エリアは寒暖差が激しく、この時期は昼と夜で10度以上気温が変わることもあります。夕方以降のことを考えると、比較的気温の高い日でも羽織るものを用意しておいた方が安心だったため、こんな服装でした。

今週末は高原エリアだと最低気温が15度以下になるという予報もあります。昼間から羽織りものがほしくなる日もあるかもしれません。さらに夕方以降はグッと冷え込みます。外に出るときのために、長袖の服に加えてしっかりめのパーカーなど、秋物の上着を用意しておきたいところです。場合によってはストールなどがあってもいいかもしれませんよ。

長野県の諏訪エリアや、山梨県の清里以外の北杜市周辺は高原エリアほど冷え込まないので、先ほどの小林の服装くらいで夜も過ごせる日が多いです。ただし、星空鑑賞など夜間に長時間外にいることになる場合は、徐々に冷えてくるのでもう少し厚着を用意しておくと安心でしょう。

夜の高原エリアならかなりしっかりめの秋服、それ以外のエリアなら秋口くらいの服装を意識するとよさそうですよ。

同じエリアのイベント

このエリアの最新ニュース

八ヶ岳鉢巻周遊リゾートバス

今日の八ヶ岳をガイドする ハチ旅