【八ヶ岳の絶品ソフトクリーム2018(2)】濃厚系定番の清泉寮ソフトからスッキリ系の名作まで!

牧畜などを行う地域も多い八ヶ岳には、ソフトクリームを扱うお店もたくさんあります。

今回は前回に続き、八ヶ岳のソフトクリームを紹介します!

【今回紹介するお店】
・自然な甘みとコクのスッキリ系/cafe and restaurant “attaca”
・濃厚系の定番・清泉寮ソフトクリーム/清泉寮ジャージーハット
・上質な王道濃厚系!/808cafe

牛乳とてんさい糖のみを使った、自然派向けの名作スッキリソフト

まだ地元でもあまり知られていない、知る人ぞ知る「自然派の名作ソフト」がこちら!長野県茅野市のcafe and restaurant “attaca”さんの「こだわりソフトクリーム」です。材料は牛乳とてんさい糖のみ、牛乳そのものを食べているような自然な甘さと添加物を感じさせない後味の良さは、普段から自然派の食生活を送っているというこだわりの方も満足できる逸品なんですよ。

これが食べたくて遠くから足を運ぶお客さんもいるそうです。

そのこだわりの一つが牛乳。乳牛は通常飼料なども食べながら育つのですが、ここでは”牧草だけを食べさせて”牛を育てている長野県の牧場を探し、その牛乳だけを使っているんです。

cafe and restaurant “attaca”さん。

また、加える砂糖もサトウキビからできる「白砂糖」ではなく、てん菜から出来た「てんさい糖」を使っているので、甘みが自然。

そのため、牛乳本来の自然な甘みやコクはありつつ、さっぱりした透明感のある味わいに仕上がっています。食べ終わった後、胃にもたれず、スーッと溶けていくテイストなんですね。

お店にはテラス席も。

実は“attaca”さんのコンセプトのひとつが冷え。オーナーの柳沢さんが以前、体を壊した際に様々な原因を探っていった結果、「冷え」が様々な体調不良の原因であるという結論に至ったんだそうです。「冷え」には食べ物も深く関係していることに気づき、食材や調味料にこだわるようになっていったとのこと。店名である「attaka(あったか)」は、「暖かくあってほしい」という願いで付けられたものなんですね。

てんさい糖を使っているのもそんな理由から。マクロビオティックなどでは、サトウキビから取れる白砂糖は体を冷やし、体を温めるてん菜から作られる「てんさい糖」は体を温めるといわれているんです。

もちろん店内でランチやお茶も。

“attaca”さんはランチメニューなども充実していますが、その料理でも砂糖はすべててんさい糖を使っています。また、油は「米油」、米は「茅野の畑で自ら田んぼで作った米」など、材料にはとことん、こだわっています。

ソフトクリームは「白桃ソフト」(400円)、「ミックス」(400円)などありますが、まずは定番の「こだわりソフト」(350円)をどうぞ! ちなみに夏限定の「トマトソフトクリーム」も今後登場予定だそうですよ。

【cafe and restaurant “attaca”の店舗情報はこちら】
https://8tabi.jp/spot/5689/

40年以上変わらぬ人気の濃厚ソフト

清里のソフトクリームといったら、なんといっても有名なのが清泉寮ソフトクリーム(400円)。40年以上の歴史を持つソフトクリームで、夏は行列ができるほどの人気なんですよ。

清里の定番・清泉寮ソフトクリーム。

1976年に登場した当時から基本レシピは変わっていないんだそうです。

清泉寮ジャージーハット。

その特徴は濃厚な味わい。口に入れるとちょっとミルクキャラメルのようなしっかりしたボディを感じます。もちろん牛乳の味わいもしっかりしています。

広いテラスでゆっくりできます。

販売スポットである清泉寮ジャージーハットは今年7月にリニューアルオープンしたばかり。清里散策を楽しんだあと、冷たいソフトクリームでゆっくりひと休みなんて過ごし方がオススメですよ。

清泉寮ジャージーハットの店内にはパン工房や広いお土産コーナーなどもあります。

【清泉寮ジャージーハットの店舗情報はこちら】
https://8tabi.jp/spot/3035/

蓼科高原産牛乳にこだわった上質な王道ソフト

同じく濃厚系といえば、808cafeのソフトクリーム(350円)もあります。八ヶ岳の農産物から日本酒やワイン、そしてお土産まで揃う、人気の「たてしな自由農園」に併設されているカフェです。

808cafeさんのソフトクリーム。

カフェ責任者の山本さん曰く、「Cafeを作った際、ソフトクリームは絶対にやりたいと思ったので、この辺りで一番美味しいソフトクリームを探しました」ということ。牛乳も蓼科高原のものにこだわっているんですよ。さらにソフトクリームメーカーのベースは一切使わず、提携している農場で、とれたての生乳や生クリームをたっぷりと使い100%手作りしているのだそうです。

茅野市にある「たてしな自由農園 808 Café」。

そのお味はというと、牛乳の自然な甘味と、生クリームのコクが濃厚! 上質な王道の濃厚系といったお味です。地元の女性たちが美味しいと噂するのも納得の美味しさでした。

サラダや焼きたてパンも食べられる「たてしな自由農園 808 Café」。

八ヶ岳エリアの「たてしな自由農園」は長野県茅野市と原村の計2店舗があり、その両方に808cafeさんが併設されています。

旅の途中にゆっくりしていってください!

茅野市の「たてしな自由農園 808 Café」は開放的でカジュアルな雰囲気のなかで、サラダや焼きたてパンもいただけます。原村の「たてしな自由農園 808 Kitchen & Table」では、直売所で取り扱っている旬の美味しい野菜や果物を使ったお食事もいただけるので、お腹の空き具合に合わせて選んでみてくださいね。

【808cafeの店舗情報はこちら】
808café(茅野)
https://8tabi.jp/spot/5927/

808Kitchen&Table(原村)
https://8tabi.jp/spot/5922/

【関連記事】

【八ヶ岳の絶品ソフトクリーム2018】アルチザン パレドオールの絶品チョコソフトなどソフトクリームの名店をご紹介
【八ヶ岳の絶品ソフトクリーム2018】アルチザン パレドオールの絶品チョコソフトなどソフトクリームの名店をご紹介
関東甲信地方にかなり早い梅雨明け宣言が出され、八ヶ岳エリアもグッと暑くなってきました。 この季節はやっぱり冷たいもの。標高が高い場所が多い八ヶ岳エリアは畜産も盛んで、地場の乳製品がたくさんありま … 続きを読む

日付の近いイベント

同じエリアのイベント

このエリアの最新ニュース

今週のイベント

< >

今日の八ヶ岳をガイドする ハチ旅