【八ヶ岳の伝統野菜】きめ細かく栄養価も高い糸萱かぼちゃが収穫期に…キャンペーンも

それぞれに個性があり、その土地の食文化とも結びついてきた伝統野菜。八ヶ岳エリアにもいろんな伝統野菜が受け継がれています。

そのひとつで、この時期旬を迎えるのが糸萱かぼちゃです。

茅野市で明治以前から育てられている糸萱かぼちゃ

糸萱かぼちゃは八ヶ岳の麓にあたる長野県茅野市の北山糸萱地区という地域で明治以前から育てられているかぼちゃ。糸萱地区は標高1,000mを超える高地で寒暖差が大きく、さらにかつては鉄鉱石が採掘されていた鉄分の多い土地です。こうした条件がカボチャの栽培に適しているんです。

この土地で地元農家さんによって育てられてきた糸萱かぼちゃは、一般的なかぼちゃに比べると皮が薄い水色がかっており、2〜4kgと大きめ。硬く重量感があるかぼちゃなのですが、ホクホクとしてきめ細かく、自然の甘みがある味が特徴です。

さらに過去に長野県工業技術総合センターで成分調査をした結果、栄養価も高いこともわかっています。一般的なかぼちゃに比べてカリウムやマグネシウムといった栄養が豊富で、特に鉄分は2倍も含まれているんです。

地元スーパーなどへの出荷のほか、飲食店でキャンペーンも

そんな糸萱かぼちゃ、今年も収穫期に入っています。7月の長雨の影響もあり、今年は例年に比べちょっと収穫量が少なくなっていますが、8月は好天に恵まれたため、お味の方はよく、甘みのあるかぼちゃが育っているそうです。

地元の保育園、幼稚園、小、中学校、ホテルや旅館、諏訪地域の飲食店などに出荷されるほか、スーパーオギノ、長野県茅野市のJA ファーマーズピアみどり店の地元野菜コーナーなどで購入できます。

そして、地元飲食店での「糸萱かぼちゃを食べよう!」キャンペーンもはじまっています。

諏訪の名物であるみそ天丼に使ったり、天ぷらそばに使ったり、カレーに入れたり、キャンペーン参加店ごとにいろんな形で糸萱かぼちゃを味わうことができますよ。

キャンペーンではスタンプラリーを実施。10月10日から10月31日までの期間中に参加店で糸萱かぼちゃを使ったメニューを食べるとスタンプを1個もらえ、3店舗のスタンプを集めると抽選でキャンペーンを主催する信州諏訪みそ天丼会のお食事券2,000円分が当たります。

参加店舗やメニューは信州諏訪みそ天丼会のホームページで確認できますので、そちらをチェックしてみてください。

八ヶ岳エリアの秋の伝統野菜、ぜひこの機会にどうぞ!

[糸萱かぼちゃを食べよう!スタンプラリー]

開催期間
2020年10月10日(土)〜10月31日(土)
※期間中に完売になる場合があります。事前にお問い合わせください
詳細ページ
http://misotendon.jp/news/m/2020/10/post-34.html

日付の近いイベント

同じエリアのイベント

このエリアの最新ニュース

今週のイベント

< >

今日の八ヶ岳をガイドする ハチ旅